Hapa英会話の日本一詳しい口コミと評判【徹底検証】

LAの人気英語学校で予約が殺到するほど人気のコースが英会話習得メゾットとして教材になったHapa英会話

Hapa英会話は、ロサンゼルスの人気No.1語学スクール BYB English Centerのセニサック淳さんが

 

英語を話せない現地の日本人の為に研究を重ねた英会話コースを教材化した物です。

 

公式サイト ⇒ Hapa英会話

 

急に現地に赴任した駐在員の奥さん達は英語ができずに困っているそうで、その英会話コースは予約が殺到しているというからかなり期待がもてます。

 

ですが、その日本人用の英会話上達メゾット自体はスクールのコースで既に確立されていたとしても、実際にスクールに通っている訳ですから対面式です。

 

ですので、教材化してどこまでスクールのレッスンにに近づけられたのか、実際に購入して検証してみました。

 

もし現地にいない日本人でもスクールに通っているかのようにしっかりと英語教材化できていればかなりいい英語教材になっているはずです。。

 

 

いや~この独自メゾットが教材にできたら儲かっちゃうでしょ~

 

と思っていたのか、

 

 

純粋に英語の出来ない日本人を助けたい

 

などの志があったのかは私には分かりませんが、

 

 

開発期間は実に2年を費やしているとのことで、非常に力が入っている英語教材であることは公式ページを読むと伝わってきます。

 

 

ただ少し心配だったのは、

 

 

なんと金額が19,800円とのこと。

 

 

少し安すぎるかな~とも思ったのですが、

 

 

全額返金保証がついていたのでとりあえずは安心して購入出来ました。

 

 

で実際に購入して見ると、これがビックリするような内容量でしかもよく出来ていましたので、詳しく調べてレビューと言うか口コミをしたくなり徹底的に調べあげています。

 

19,800円とは思えないほどの内容量でした♪ CD18枚 DVD1枚 テキスト2冊 


聴くだけの英語教材には無い充実したテキストの内容

 

DVDが付いている理由は後術しますが、私が実践してみてビックリしたのは、テキスト内容の充実さです。

 

一般的にネイティブの英語を聴くだけのメゾットでは、収録されている英文とその日本語訳がテキストになっているのが一般的なのですが、Hapa英会話は全く違うものでした。

 

テキストの内容をここでどこまで公開していいのか分からないのですが、Hapa英会話はロールプレイ学習法という記憶術を使って会話の流れを覚える英会話教材なので、

 

 

丸暗記ではなくしっかりと記憶に残るような作りになっています。

 

 

例えばカフェで使う英会話を1例にとってここで公開してみます。
※メーカーさんからのクレームがあれば削除させていただきますのでメールフォームよりご連絡ください。

 

[1]・・・注文する際の鉄板の言い出しの説明
[2]・・・注意事項(アメリカでは日本名が聞き取りにくいので・・・こうしなさい的な)
[3]・・・注文の流れがテキストの1ページの左右に
[4]・・・注文のバリエーションの説明
[5]・・・お客から店員へのフレーズ説明
[6]・・・店員からお客へのフレーズ説明
[7]・・・カフェで知っているとお得な情報
[8]・・・まとめて注文する場合
[9]・・・カフェ用語の説明
[9]・・・トラブル時
[10]・・・ロールプレイ学習法用の会話・・・ここがキモなので一番長い
[11]・・・チェックシート
[12]・・・ロサンゼルスのカフェの口コミ情報

 

こんな感じの流れになっているのですが、コラムや口コミ情報はおまけ程度として考えても

 

この場面では英語をこのように使う

 

ということがしっかりと分かる内容になっているので、非常に親切なテキストになっています。


記憶方法が確立されている

 

英語教材の役割って一体何でしょうか?

 

英語のフレーズを厳選して集めること?
それをネイティブにシャベッてもらってその英語をCDに収録すること?
英語のあとに日本語訳を入れること?

 

確かにこれらも、英語教材の役割でしょう。

 

日本で販売されている一般的な英語教材はこのパターンが多く、「聴くだけでいい」と言っている英語教材がスタンダードになってきてしまっています。

 

確かに英語を正しい発音で聞いていればそれなりに何かの変化はあるのだとは思いますが、それに数万~数十万円払う価値があるでしょうか?

 

 

私はそうは思いません。

 

 

これを言うと、収録されている英語の語彙量のことを言って反論してくる販売者さんがいるのですが、

 

 

CD送りました~聴くだけで覚えられますので全部丸暗記してくださ~い

 

 

と言われても、ノウハウでもなんでもないただ英語を聴くだけの教材で、何万語も丸暗記できないでしょ

 

と思ってしまいますし、音声付きの英語フレーズ集なら1,500円くらいで本屋さんで売っています。

 

 

対してHapa英会話はロールプレイ学習法という記憶方法を提唱していて英語フレーズが非常に記憶に残りやすいように開発されています。

 

Hapa英会話も英文法を勉強する訳でありませんし、英語初心者は何十種類かのパターンの丸暗記も必要ですので、丸暗記が無いと言えばウソになるのですが、

 

・相手の言う言葉は全部聞き取れなくてもOK
・相手の言う言葉は全部覚えなくてOK

 

など、切り捨てるところは極限まで切り捨ててフレーズのパターンを覚えて、

 

 

まずはある程度英語が話せるところまで持って行こう

 

 

という作りになっているので、終わりの無い丸暗記作業とは違います。

 

 

またロールプレイ学習法は、相手の言うであろう英語に対して瞬間的にどう答えていくかをロールプレイングゲームのように覚えていく手法になっているので、非常に覚えやすくなっています。

 

ただし、1回や2回体験しただけでテキスト全ての英語を使いこなせるような魔法の英語教材ではありませんので念のため。

 

人間の脳は、一定の期間をおいて何度か繰り返しをしないと脳に記憶は定着しません。

 

また、BYB English Centerの「日常英会話コース」では、最後の仕上げに「課外授業」を行うんだそうです。

 

この課外授業もDVDで疑似体験トレーニングが出来るようになっていて、非常にイメージしやすいので、とても記憶に定着します。

 

ちなみにこのDVDの最も優れているところは、周囲の雑音を一切除去していないところです。

 

一般的な英語教材は綺麗な音で何の雑音も入っていないようなクリーンな状況で、しかも非常にハッキリとしゃべっている英語を聞き取るレッスンが多いのですが、

 

 

このDVDは実践さながらの疑似体験DVDになっているので、まるでその場にいるような臨場感が味わえます。

 

 

だって、カフェで注文する際ってシーンとしていて、店員さんがハッキリゆっくり英語を話してくれるなんてありえないですよね。

 

私は、その辺もこだわっているきめ細かさが特に気に入りました。

 

開発に2年かかっただけのことはありますよね。


製作者のセニサック淳さんは、英語、日本語ともにネイティブである

これ非常に大きいです。

 

セニサック淳先生が公式サイトでもおっしゃってるのですが、

 

 

日本の英語教材は日本人が考えたメゾットであることが多いそうです。

 

 

日本人が英語教材を作ると、文法が合っていても実際にネイティブが使わないフレーズになっていたり、

 

下手をするとその場面ではそのニュアンスで使わないような英語フレーズが使われていたりするそうで、そういう英語を聞くと

 

 

ネイティブは違和感を感じるそうで・・・

 

 

これに関しては

 

今まで試してきた教材は英語ネイティブが吹き込んでいましたので、発音に関しては問題ないでしょうし、

 

英文も英語ネイティブに作ってもらえばいいだけなので英文と音声自体はそんなに問題はないのかな~と思っていたのですが、

 

ある英語講師に聞いてみたところ

 

日本で売られている英語教材は確かにネイティブが使わないフレーズが多い

 

とおっしゃっていました。

 

 

ここに関してはちょっと私の英語力ではしっかりと確認出来ないのですが、

 

 

もし仮に、ネイティブの使わない英語の言い回しを一生懸命覚えていたのだとしたら無駄ですし、

 

ネイティブは簡単な英文を使う傾向にあるので、簡単な英語を覚えるほうがすぐに覚えられる気がします。

 

ただ、英語の言い回しに関しては別の考え方もあって、

 

どうせネイティブになるなんて難しいんだからコミュニケーションが取れるレベルの英語ならなんでもいい

 

と言っている英語講師の方もいらっしゃいますので、購入者がご自分で判断すればいいと思います。

 

でもどうせ覚えるなら実践的な英語をスマートに使いこなせるようになりたいですよね~

リスニングに対する考え方が画期的

 

これは公式ページにも書かれているので、セサニック淳さんは隠していない情報だと言うことを前提にお話しますが、

 

英語ネイティブも相手の言うことを全部聞き取れている訳じゃない

 

という真実は私は一番衝撃的でした。

 

えーーーーー聞き取れてないのにどうして会話が成立してるの????

 

 

誰もがこう考えるでしょう。

 

でも、実は私達日本人も母国語である日本語を全部聞き取れているわけではないんだそうです。

 

脳科学の本を読むと分かるのですが、脳に会話のパターンが刻まれるまで同じ場面を経験すると

 

人は相手の言うことを予測しながら話すようになるのが当たり前らしいです。

 

もっと言うと、相手の言うことを予測できないと会話が成立しないんだとか。

 

 

ですので、私達日本人も相手の言うことを一言一句聞き取っている訳ではないんだそうです。

 

そんなことをしていたら会話が間に合わないという理屈は私にも納得できました。

 

 

これ英語圏の人も全く同じで、同じ場面で同じパターンの会話を何度も何度も経験するレッスンをして、脳に経験という記憶が刻まれると、

 

ある程度聞き取れれば全部聞き取れているのと同じなんですね!!

 

ここすごく結構画期的だと思いました。

 

リスニングは慣れも大切だと思いますが、予測する能力が備わればリスニングの補助になるということです。

 

トラベル英会話を題材にしている

Hapa英会話はトラベル英会話を中心に構成されています。

 

中には道案内が入っていたりなど、トラベル系の英会話だけでは補えないようなパターンもプラスされてはいますが、基本的にカフェやファーストフード店での店員さんとの会話が中心なので、

 

これから海外旅行に行く予定がある人にはストライク教材でしょうね。

 

 

しかも行く場所がLAだったらつべこべ言わずに購入してください。

 

 

ただ、私はHapa英会話のターゲットというか購入者はトラベル英会話を覚えたい人なのだと勘違いしていたのですが、

 

 

トラベル英会話を中心に日常英会話が出来るように持っていくメゾットなんだそうです。

 

 

英会話の学習を始める理由は人それぞれだと思いますが、海外旅行をもっと楽しめるように英語の勉強をしたいと言う人が多いと思うので、そういう人にはもってこいの教材です。

 

 

トラベル英語も日常英語も英語のパターンを覚えるなら何も変わりませんしね。

 

教材内容を書くとこんな感じです。

・カフェ
・ファーストフード「注文」
・道案内「道の聞き方」
・ショッピング「入店」
・ショッピング「試着購入」
・ショッピング「返品交換」
・ホテル「チェックイン予約あり」
・ホテル「チェックイン予約なし」
・ホテル「フロントデスクに電話」
・ホテル「チェックアウト」
・レストラン「席まで案内」
・レストラン「飲み物・前菜の注文」
・レストラン「注文」
・レストラン「食事タイム」
・レストラン「お勘定」
・機内1
・機内2
・機内3
・空港1
・空港2
・空港3
・タクシー1
・タクシー2
・タクシー3
・スターバックス
・マクドナルド1
・マクドナルド2
・バー1
・バー2
・バー3
・ダルマンを悩ますその1「砕けた英語」
・ダルマンを悩ますその2「通じないカタカナ英語Part1」
・ダルマンを悩ますその3「通じないカタカナ英語Part2」
・ダルマンを悩ますその4「返事は Yaes or No?」
・これだけは覚えておきたい!旅行英会話100旅フレーズ
・DVD動画のダイヤログ


返金保証がついている

 

これについては説明の必要がないと思うのですが、Hapa英会話には返金保証がついています。

 

私、実はこの返金保証すごくびっくりしたんですよね。

 

だって、今どきって

 

CDもDVDもPCに入れちゃえば自分のものになっちゃうんですよ!!

 

テキストだってコピーするのは骨が折れますが不可能ではありませんし、スキャナでPCに取り込んでPDF化することだって出来ます。

 

なのに、開封後でも90日間の返金保証をつけるなんて太っ腹と言うか、凄いことだと思うんです。

 

良い教材は手元に置いてくれるという自信があるんでしょうね。


最終的な結論

 

最終的な結論としては、

 

これから英会話の学習を始めようと思っている人は迷わず買い

 

でいいと思います。

 

特に、これから海外旅行が控えていて、いい機会だから英会話を勉強してみようかな

 

と言う人は

 

どストライクな英語教材かと思います。

 

あとは、

 

毎日英語を聞いてリスニングのレッスンをしているのに、リスニングに伸び悩んでいる人

 

も、セサニック淳さんのリスニングに対するロジックと言うか、アプローチを学んでみると

 

 

リスニング力が一気に伸びるんじゃないかな-と思っています。

 

 

ちなみにこのリスニングに関する意見は、あくまでも

 

 

リスニングがしやすくなる補助的な役割という意見にとどめておきます。

 

 

結局は、ネイティブの英語を聞いてリスングのレッスンをすることは避けて通れない道ですし、自分の口で発音してみることも大切です。

 

 

リスニングは様々な要素が合わさって初めて上達出来る物なので、Hapa英会話の予測リスニングは、その中の1要素だと考えています。

 

 

ただ、実際にHapa英会話を実践してみた限りでは

 

 

この1要素がリスニングに及ぼす割合はかなり大きいと感じました。

 

 

たった1か月程度で感じる事ができるレベルですので、購入したら課外授業を体験出来るDVDでその効果を感じてみてください。

 

きっと変わっています。

 

 

逆に、このHapa英会話を購入してもあまり意味が無い人は

 

 

もう既に、海外旅行に言っても困らない程度の語彙力がある人

 

です。

 

 

Hapa英会話は、英会話学習の取っ掛かりにトラベル英会話を使用し英会話のパターンを覚えて行く内容になっていますので、

 

フレーズと言う意味では初級編です

 

 

もし、このレベルの人がHapa英会話を購入して何か得られるとしたら、

 

BYB English Centerのリスニングに対する考え方ぐらいだと思います。

 

アプローチのしかた?

 

聞き取れる様になるまでのプロセス?

 

ちょっとうまく言えませんが、直接リスニング力を上げるようなレッスンではなく

 

もっと簡単な、でも大切で、無くてはならないような感覚と言うか

 

 

会話に関する瞬発力をつけること

 

 

を学び、教材で強化していくことが可能です。

 

まあ、返金保証がついていますので、

 

今現在使っているご自分の英語が

実際にネイティブに使われているかどうか
ニュアンスがあっているか
適切な場面で使っていたかどうか

を知るために内容を確認するのもありと言えばありかもしれません。

 

この英語教材の対象者は英会話初心者です。

それと、Hapa英会話をこのページから申し込んでくれた方に特典をお付けすることが可能です。

 

 

1.基本特典

 

基本特典はこちらで確認してください ⇒ 特典の一覧

 

2.レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン全期間無料券

 

 

 

月1,000円で1年間毎日届くメールレッスンです。

 

総額で12,000円のメールレッスンです。

 


【31日間無料!英語音声教材付き】レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン

 

これが全期間(1年間)無料になります。

 

 

上記特典付きでのきHapa英会話の申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

 

申し込みが完了すると、購入者限定のサポートページにご招待致します。
その中の特典受け取りページからお受け取りください。

更新履歴